[20180520] 5月20日 東京『連鎖する呼吸〜柔軟性/剛性のメカニズム〜』

販売価格 12,600円(内税)

SOLD OUT
概要


バレエやヨガなど、身体の柔軟性と剛性を両立して向上させていく運動においては、運動時にどのように呼吸を意識して使っているかが非常に重要になります。

同じトレーニングやストレッチをしていても、呼吸法と四肢の連動のさせ方が間違っている人は十分な効果を得られません。

呼吸法については、腹式呼吸/胸式呼吸にはじまり、ドローイング、ブレーシング、逆腹式呼吸、丹田呼吸など、さまざまな方法が提唱されていますので、目的に合わせた使い分けが必要です。

また、それぞれの呼吸法が効果的に行えているかどうかを判断するためには、呼吸のメカニズムについての理解が欠かせません。

この講座では、体幹および四肢の、(a)柔軟性を向上させるための筋肉や骨の連動、(b)剛性を向上させるための筋肉や骨の連動、(c)不安定生を生じさせる連動の崩壊、について呼吸運動からのつながりに焦点を当てててご紹介します。



プログラム


1)体幹の安定化と呼吸運動の関係
a)なぜ背骨の安定性が柔軟性にとって重要なのか?
b) 腹腔内圧のコントロール
c) インナーユニット/アウターユニット
d) 呼吸時の骨盤底の動きについての再検討
e) 足・脚と呼吸運動の関係


2)呼吸法の整理
a) 胸式呼吸/腹式呼吸/逆腹式呼吸 …あいまいさに潜む危険
b) ドローイング/ブレーシング …柔軟性と剛性
c) 丹田呼吸 …ふんどし&帯の文化
d)口呼吸と鼻呼吸の柔軟性への影響の違い
e) 骨盤底のコントロールは首から始まる


3)呼吸と身体の柔軟性/剛性/不安定性
a) 多関節筋/単関節筋の連動を使い分ける
b) 柔軟性のカギをにぎる肩甲骨のうごき
c) 柔軟性向上のための筋・骨格の連動モデル
d) 剛性向上のための筋・骨格の連動モデル
e) 不安定性を生む筋・骨格の連動の崩壊…ケガとの関係



日時

2018年5月20日(日)
10:00〜16:00(昼食休憩あり)



場所


ハロー会議室飯田橋駅前 RoomA
JR飯田橋駅より徒歩1分


定員



20名(先着順)



販売価格



12,600円(税込)
※当日現金でお支払いの場合、手数料として+500円がかかります。




持ち物

・ 大きめのバスタオルまたはヨガマット
・ 動きやすい服装
・ 筆記用具



講師





◎扇谷孝太郎(おおぎやこうたろう)

2001年、ロルフィング施術者の資格を取得。現在は、鎌倉と恵比寿にてロルフィング(R)を中心に、クラニオセイクラルやソマティック・エクスペリエンス(トラウマセラピー)などの個人セッションを行う。バレエダンサー、ヨギ、施術家向けなど、年間50クラス以上の講座で講師を務める。
呼吸や感覚、イメージの活用を独自の視点でまとめた「動くための解剖学」は、ダンサーやヨギなど、高度な柔軟性と身体バランスを必要とする人々から高い支持を得ている。
※ ロルフィングは米国The Rolf Instituteの登録商標です。
※ ホームページ: http://www.rolfing-jp.com/
<主な資格>
・米国The Rolf Institute認定アドバンストロルファー
・米国The Rolf Institute認定ロルフムーブメントプラクティショナー
・クラニオセイクラルプラクティショナー
・ソマティック・エクスペリエンス認定プラクティショナー





お申込み方法



右側の「カートへ入れる」をクリックし、お申込み手続きをお願いします。

※お申込み人数は1名まで、ご自分の分のみ可





ご質問・お問い合わせ



ご質問・お問い合わせは「体軸®︎×リハビリテーションアカデミー」まで

taijiku@taijiku.jp


氏名、参加セミナー名を明記の上メールでお願いします。




「予約確認メールが届かない」というお問い合わせが増えています。

予約手続きの前に以下を確認ください。なお、予約申込後、メールが届かない場合は、必ず「体軸®︎×リハビリテーションアカデミー」までご連絡ください。



<ドメイン指定受信をされている方へ>

携帯電話以外からのメールを受信できない設定の方は、「taijiku.jp」ドメインからのメールを受信できるように設定してください。



<フリーメール(Yahoo!メール、Gmail、hotmailなど)をご利用の方へ>

迷惑メールのフォルダをチェックしてください。体軸®︎×リハビリテーションアカデミーからのメールが迷惑メールに振り分けられている可能性があります。--


最近チェックした商品

体軸xリハビリテーションアカデミーTOPへ戻る